宮崎県内最大の売り場面積のMEGAドン・キホーテ宮崎橘通り店に行ってきました!宮崎市中心市街地にあの黄色い看板がお披露目!

この記事は約5分で読めます。
Pocket
LINEで送る

こんにちは!どんどん新しくなる宮崎市中心街に興味津々のぽこです!!

「MEGAドン・キホーテ宮崎橘通店」が2020年11月13日、ついにオープンしました!

パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス(PPIH、東京)のグループ会社が運営する、複合商業施設「宮崎ナナイロ」の核テナントとして建物の地下1階、地上1.2階で営業。

 ボンベルタ橘として長年親しまれてきた地元百貨店が2020年4月に改修され、次はあのドン・キホーテになるらしい、と聞いたときは「うそー?」と信じられない気持ちでした。

旧)ボンベルタ橘画像

旧)ボンベルタ橘画像

 長い間親しまれてきた百貨店が閉店するというのは、やっぱりなんだか寂しいもので、宮崎の町の中心部にあの黄色い看板がマッチするのか!?等と、なかなか「街中にドンキ」という光景を想像できなかったけれど、7か月たってみたら・・・ちゃんとドン・キホーテになっていてたくさんの人で賑わっていました!

ちょっと黄色い看板のインパクト強い感じもしますが、たくさんの人で賑わっている様子を見ると、特に若い人がたくさん来ていて、新しい風が吹いて良かったなぁと思います。

ということで、新しいMEGAドン・キホーテ橘通店の中身を探るべく、オープン初日(11月13日)に行ってきましたのでご紹介します!

 

 

県内最大の売り場面積を誇るMEGAドン・キホーテは通路もゆったりで買い物しやすい

入り口を入るとそこはすぐにドン・キホーテワールド!カラフルなポップと豊富な品揃え、品数、お買い得感満載な感じがしますね。ちょっとワクワクしてきます。

ボンベルタ橘の印象がまだ色濃く残っている宮崎人には、「え!ここがあの場所?」という驚きで、どっちに進んでいいのやら、まずキョロキョロしてしまいます。西館1、2階と地下1階がメガドンキの売り場、その総面積は計約7200平方メートル!

お陰で通路も広く、たくさんのお客さんでも人とぶつかることもなく、ゆったりと商品を見てお買い物ができます。

ここまでだとボンベルタ橘の面影が無く、自分が今どこらへんにいるのかさっぱりわかりませんが、

次の写真をみると、少し昔の面影が残っていて、「あー!ここ催事場だったとこね!」と懐かしく思い出したりします。エレベーターはそのまま残っていました!

やっぱり「驚安の殿堂ドン・キホーテ!」とにかくお得!取材メンバーが選んだおススメの商品はこちら!

文具88円均一

巷には色々な安売りのドラッグストア、ディスカウントストアがありますが、日用品、文具、衣類等幅広い取り扱い商品、そして品揃えで安売りするお店はやはり安さの殿堂を売りにするドン・キホーテ、流石ですね。こんなに安いとこ見たことがないと実感しました。

お店をくまなくぐるっと回ってみて私が「イイ!」と思ったのは、まずは文房具。88円+税!!100均より安く品質の良いものが買えるなんて、学生さんには絶対うれしいですよね。

Yシャツ500円

そして驚き価格のYシャツ500円。さすがに500円でYシャツを買ったことがないので、品質はまだわかりませんが、今度行ったときに買って試してみようと思います。

カバーソックス50円

今回私はここでの最初のお買い物に、丁度靴下が少なくなってきていたので、カバーソックスを買いました。カバーソックス、普通のお値段だと靴下と変わらないくらいの金額ですが、ここではなんと50円!この金額ならちょっと失敗しても許せる金額ですよね。

で、さっそくカバーソックス3足購入!3足買っても150円!安!普通のお値段で買ったらあっという間に1000円になります。

履き心地を家に帰って試してみましたが、すごく良い!このお値段でこの品質!凄いです!!

絶対また買いに行こうと思います。

ドン・キホーテならではの変装グッズやバラエティグッズ。ここでしか買えない掘り出し物の数々

ドン・キホーテといえば、こういう普通のお店では売っていない変装グッズやパーティグッズの品揃えが豊富。これからの忘年会シーズンに向けて探しに来る人も多いのではないでしょうか?

何に使うかはさておき、見るだけでもかなり楽しい!

 

 

 

広々キッズスペースで、お子さん連れのパパママもゆっくり安心してお買い物が楽しめる

店内の玩具の品揃えも豊富。アンパンマングッズ、戦隊もの、ポケモン、ミニ四駆、スポーツ玩具等々。小さいお子さんにとっては楽しい空間。

その玩具売り場の横には広々としたキッズスペースがあるので、ここで遊んでいる間にパパママはゆっくりお買い物ができますね!

キッズスペース横にはミニ四駆コースが展示されていました。玩具売り場でミニ四駆を扱っているお店は宮崎には少ないので珍しいですね。

かなりいいかも!街中ドン・キホーテ。次は地価の食料品コーナーも行ってみます!

実は私以前あった神宮のドン・キホーテは駐車場がわかりずらくて、数回行ったっきりほとんど行ったことがありませんでした。

今回の取材をするまでも、街中にドン・キホーテ、どうなのかなー?と正直あまり期待していなかったのですが、実際に行ってみて、若者の宮崎市街地離れが進んでいる今、安さや品ぞろえを売りにしたドン・キホーテという異色の大型店が町の中心にあるのも面白いかも・・・と思いました。

 

そして今回取材できなかったのが地下1階の食料品売り場。地下1階は3500平方メートルで、肉、魚、卵、ピザ、スイーツなど6コーナーでオリジナルの総菜を販売しているそうです。

帰りがけ食料品を大量に買っている人がいました。

ドン・キホーテオリジナル総菜も気になります。次回は食料品コーナー取材したいと思います。

旧ボンベルタ橘は宮崎ナナイロに変わり、東館の方にはこれからまだまだテナントが入ってきそうです。西館3階には「猫カフェMOCHA」やゲームセンター、トレーニングカードショップ等、若者向けのテナントになっています。

これからの宮崎ナナイロにも注目ですね!

こちらの記事も注目です↓

九州初出店!猫カフェ「MOCHA(モカ)」がボンベルタ橘(宮崎ナナイロ)にオープン!さっそく癒されてきました。
こんにちは、SNS用のかぶりもの似顔絵アイコンを描いている、イラストデザイナーゆうです。 11月14日にボンベルタ橘が新しく「宮崎ナナイロ(MEGAドン・キホーテ)になってグランドオープンしました!なんと館内に猫カフェもオープンしたと聞き、猫大好きな私、いてもたってもいられなくなってオープン初日の今日、行ってきました!...

 

いいねと思ったらポチっと!
この記事を書いたライター
poko

自然豊かでの~んびりした宮崎が大好きなpokoです。大好きな宮崎の美味しい情報、素敵な場所をご紹介していきたいと思ってます。

pokoをフォローする
宮崎のニュース 宮崎の話題 宮崎市

みやざき情報まとめ2

コメント