新たな愛称となった「ひなた宮崎県総合運動公園」は施設ごとに異なるロゴマークを採用!写真と動画でご紹介します

この記事は約3分で読めます。
Pocket
LINEで送る

画像:宮崎市観光サイト

(;・∀・)暑くなってきましたね(現在6月下旬)。ムシムシするこの季節が大嫌いな写真家yujiです。

嫌いといっても健康の為に身体を動かす事は必要ですよね(宮崎県は「目指せ!健康長寿日本一」を県民運動としており、「一日プラス10分」の運動を推奨しています)

私はよく「宮崎県総合運動公園」という宮崎では有名な場所でウォーキングしているんですが、その運動公園の名称が今年度から変わっている事をご存知ですか?

新愛称「ひなた宮崎県総合運動公園」

2020年3月までは名称が「KIRISHIMAヤマザクラ宮崎県総合運動公園」でしたが、4月1日からは次のような愛称になりました。

ひなた宮崎県総合運動公園

分かりやすい!「日本のひなた宮崎県」という宮崎県のキャッチコピーに合わせた感じで統一感あってイイですよね!

宮崎県総合運動公園の愛称および愛称看板デザインについて(宮崎県web)

さらに、この敷地内にある主要な5施設にも、名称として施設名の頭に「ひなた」という統一された名前が付いたんですが、
私が注目したのは「ロゴマーク」。

なんと!施設ごとに異なるロゴマークを採用しているんです!

撮影してきたので紹介しますね。

ひなたサンマリンスタジアム宮崎

カラフル!
サンサンと照らす太陽と、緑と水が豊かな宮崎県!って感じですね。

ひなた武道館

この建物が「和」をイメージしている事もあり、ロゴも筆文字っぽく落ち着いてカッコいい。

ひなた陸上競技場

鮮やかなグリーンをバックに、ハイビスカスと運動している人間。
うん、シンプルながらも間違いなく陸上競技場をイメージしてますね。

ひなたひむかスタジアム

お日様と隣接する海のイメージかな?
メインカラーのオレンジ色が鮮やかで温暖な宮崎を感じさせてくれます。

ひなた木の花ドーム

「ひなた」の「た」が活発に動いてる!?(笑)。なんか可愛い!!

名称「ひなた」に大きな宮崎県への愛を感じた(筆者の所感)

ネーミングライツといえば命名権を獲得した企業にとって、企業の名前やブランドをPRする最高の場所であり、一般的には企業名やブランド名を全面に押し出す事が多い。
しかし命名権を獲得した「米良電機産業株式会社」は、あえて会社名などではなく「ひなた」と命名した事に、私は宮崎県への強い愛を感じ感激しました。

米良電機産業株式会社の米良社長は次のように語っています。
「2021年に会社が創立70周年を迎えます。宮崎に何か恩返しがしたかった。企業名を表にださずに本県の冠である「ひなた」が一番ふさわしいと考えています。」

【出典】米良電機産業株式会社 公式web

河野知事は「ネーミングライツという形での支援と、愛称に『ひなた』と付けていただいたことに深く感謝いたします。」と述べました。

【出典】宮崎県公式web:宮崎県総合運動公園ネーミングライツ・スポンサー企業の決定

大規模な工事中ですのでご注意ください:2020.06.25現在

ひなた宮崎県総合運動公園」はあちこちで改修工事が行われています。
大型ダンプカーなどが頻繁に出入りしていますので、ご利用の際はお気をつけくださいね。

ひなた宮崎県総合運動公園へのアクセス

ひなた宮崎県総合運動公園
★★★★☆ · 運動競技場 · 熊野1443−12
  • 鉄道:JR宮崎駅から木花駅及び運動公園駅まで約20分(日南線)
  • バス:JR宮崎駅から運動公園前まで約35分(青島線)
  • 自動車:JR宮崎駅から約25分/宮崎自動車道で宮崎インターチェンジから約10分/宮崎空港から約10分

動画で「ひなた」ロゴを確認

【VLOG】ひなた宮崎県総合運動公園の施設ごとに違うロゴを見てきた:FIMI PALM:2020.06

コメント